ホーム  >  住宅ローンの種類

住宅ローンの種類

住宅ローンにはさまざまな種類がありますが、大きく区別すると次のとおりです。

公的住宅融資フラット35民間住宅融資

財形住宅融資

自治体融資

銀行

信用金庫

モーゲージバンク等

銀行

信用金庫

保険会社

信販会社等

元利均等返済元金均等返済
全返済期間を通じて毎回の返済額が同じように組まれているので、当初の返済金に含まれている借入元金は少なく、利息がほとんどを占めています。返済が進むにしたがい元金部分が増え、利息部分が減っていきます。全返済期間を通じて借入元金の返済額が同じになるようにしているので、利息の多くかかる当初の毎回返済額は多くなりますが、返済が進むにつれて毎回返済額が減少していきます。
元利均等返済元金均等返済

不動産を購入する人のほとんどが住宅ローンを組むもの。住宅ローンは初めてという方は、それぞれの金利の仕組みをよく理解しローンを使いこなそう。総返済額が大きく変わってくるポイントなので、要チェックだ。

まずは、住宅ローン金利の3つのタイプを理解しておこう。

固定金利型と変動金利型

完全固定型

完全固定型はその名の通り、借入のときに決められた金利が返済終了までずっと完全に固定されるタイプ。金利の設定は固定期間選択型や変動型よりやや高めの設定になることが多い。[フラット35]などに採用されている。

メリット

毎月一定の返済額なので家計管理が容易。金利が低いときに適用すれば、ずっと低金利で受けられる。

デメリット

借入後に金利が上がると、期間終了後の金利の見直し時に設定金利が上がってしまい、返済額が上がってしまう場合が。 

完全固定型

期間固定金利選択型

まず借入時に短期の固定期間を選び、その期間が終了次第、変動型に切り替えるか、新たに固定期間を選択しなおすことができる。3年、5年、10年など一定の期間だけ金利を固定するもの。都市銀行などで取り扱っている。

メリット

固定期間が短期間のもの(3年など)を選ぶと借入時の金利が低くなり、返済額が安くなる。

デメリット

借入後に金利が上がると、期間終了後の金利の見直し時に設定金利が上がってしまい、返済額が上がってしまう場合も。 

期間型固定金利

変動型

市場の金利の変化に合わせて、金利が変わるタイプ。一般的に金利の見直しは半年毎だが、返済額は5年変わらず、同じ返済額の中で元金分と利息分の割合が変わっていく仕組み。

メリット

借入時の金利が低い。金利が下がっているときだと、早く元金が減っていく。返済額を安く抑えられる。

デメリット

金利が上がると、5年毎の見直し時に返済額がアップする。大幅に金利がアップすると未払い利息が発生する。

未払い利息

利息が返済額を超えてしまった場合、未払い利息が発生する。金利の上昇により、利息が増えてしまうことで、毎月の返済額がすべて利息支払いに当てられることもある。住宅ローンは長期間に及ぶので、こういったことがないように事前にしっかり把握しておきたい。

 

変動金利
Topへ戻る


10月の定休日

2日(火)3日(水)10(水)16(火)17日(水)24日(水)31日(水)

 


STAFFお勧め不動産j情報

土地 小和田1丁目

辻堂駅徒歩18分

価格1,980万円~2,680万円

茅ヶ崎市小和田1丁目

商業施設が建ち並ぶ辻堂駅北口まで徒歩圏内の住環境です。全8区画新規開発分譲地。自由設計で建築できます。充実の標準仕様がモデルハウスで実際にご覧になれます。

NO.1区画詳細

NO.2区画詳細

NO.3区画詳細

NO.4区画詳細

NO.5区画詳細

NO.6区画詳細

NO.7区画詳細

NO.8区画詳細 ご成約済

土地 小谷

寒川駅徒歩23分

価格1,430万円~1,640万円

寒川町小谷3丁目

建築業者がご提案する、ローカルヴィレッジ寒川小谷。規格住宅を得意とするお洒落な建物を綺麗な分譲地にご提案させて頂きます。

A区画 モデルハウス

B区画 モデルハウス

C区画詳細 

D区画 モデルハウス

E区画詳細

F区画詳細

G区画詳細

H区画詳細

I区画詳細

J区画詳細

 


ページトップへ