ホーム  >  不動産購入時にかかる諸費用

不動産購入時に必要な諸費用
 不動産諸費用

不動産購入時に必要な諸費用の目安は

売買代金の7%~9%程度を目安に

※購入する不動産によっても変動します。

 

■不動産購入する場合の諸費用
■登記費用

購入物件を自分の名義にするためには、「所有権移転登記」金融機関から住宅ローンを借りる場合に「抵当権の設定」をしなければなりません。この費用は、不動産評価・抵当権設定金額によっても違います。

■印紙代

不動産売買契約書には、印紙税法により契約金額に応じ収入印紙を貼ることとなっています。売買する金額により印紙代が異なります。
■住宅ローンにかかる費用

融資保証料は通常、融資を受けるにあたり、融資金融機関が指定する保証会社の保証を受けることとなります。保証会社によって定められた保証料を支払うこととなります。その他事務手数料など。
■仲介手数料

不動産業者の仲介として売買契約をする物件では一般的に仲介手数料がかかります。
■各種清算金

不動産を購入した場合、その物件にかかる固定資産税等の年税額を引き渡しを受けた日で日割計算し、売主と精算します。また、マンション等の場合は、管理費、修繕積立金、などの毎月かかる費用も日割計算して売主と精算します。一般的にこの費用の計算の起算日は、引渡月の1日を起算日とします。
■火災保険料

通常、融資金融機関は融資をするにあたり、対象物件に火災保険を設定するように条件を付けます。
これは、万が一、融資後に火事などで対象物件が滅失した場合の保全のためです。 

■その他費用

引越費用・家具購入費用・カーテン費用など

■不動産取得税

物件引渡後およそ1~2ヶ月後くらいに物件の所在と管轄する市区町村役所から通知がきます。軽減の特例を受けられる場合がありますので、 確認が必要です。

 

※諸費用等は、物件の種別や価格及び抵当権の有無などさまざまな条件により異なりますので詳細につきましてはお問い合わせ下さい。

いつどのような費用が必要か?
売買契約締結時ローン申し込み残金決済・引渡し

手付金

売買契約締結時に売主様に支払います。

(売買金額の5~10%程度)

印紙代

売買契約書に印紙を貼付します。

仲介手数料

仲介手数料の半金

 

  

 

 

 

 

 

銀行印紙代

住宅ローンの契約書に印紙を貼付します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残代金

売買金額から手付金等を差し引いた金額

登記費用

登録免許税や司法書士への報酬等

固定資産税等清算金

引渡し日において日割り計算します。

ローン等の諸費用

保証事務手数料・保証料等の費用です。

火災保険料

火災保険料等です。

仲介手数料

仲介手数料の残金です。

その他費用

引越し代金等。

引渡し後

不動産取得税が必要になる場合があります。 

Topへ戻る


10月の定休日

2日(火)3日(水)10(水)16(火)17日(水)24日(水)31日(水)

 


STAFFお勧め不動産j情報

土地 小和田1丁目

辻堂駅徒歩18分

価格1,980万円~2,680万円

茅ヶ崎市小和田1丁目

商業施設が建ち並ぶ辻堂駅北口まで徒歩圏内の住環境です。全8区画新規開発分譲地。自由設計で建築できます。充実の標準仕様がモデルハウスで実際にご覧になれます。

NO.1区画詳細

NO.2区画詳細

NO.3区画詳細

NO.4区画詳細

NO.5区画詳細

NO.6区画詳細

NO.7区画詳細

NO.8区画詳細 ご成約済

土地 小谷

寒川駅徒歩23分

価格1,430万円~1,640万円

寒川町小谷3丁目

建築業者がご提案する、ローカルヴィレッジ寒川小谷。規格住宅を得意とするお洒落な建物を綺麗な分譲地にご提案させて頂きます。

A区画 モデルハウス

B区画 モデルハウス

C区画詳細 

D区画 モデルハウス

E区画詳細

F区画詳細

G区画詳細

H区画詳細

I区画詳細

J区画詳細

 


ページトップへ